恐ろしいことに原発が爆発したという。
それが事実なら、人は、海は、木々や農作物
はどうなってしまうのだろう。
本当に不安になってニュースにかじりついた
が、よくわからん数値を並べては心配ないと
言う。 翌日、新聞やニュースが一生懸命不
安を煽り、政府や関係者などが心配ないと言
う。
心配ないけど非難してくれとも言う。
ジリジリとした気持ちの火を、ACのCMが
さらに大きくする。
メディアにとっては残念だろうけど、俺は最
悪で深刻な状況から光は差しこんでると信じ
ている。
今もなお原発の近くから避難していない人た
ちもいる。
乳児に水道水を飲ませるなとか、なぜ落ち着
いて状況を判断できないのだろう。
地震直後に「慌てないで!、ゆっくり~!急
いで!」と叫んでた人がいたけど、それは許
せる。 が、テレビや新聞が日替わりで持ち
上げては落とすことしてどうすんだ。
近所のスーパーに行っても、店内は真っ暗で
食料品や水は何も残ってなかった。
幸い、冷蔵庫に多少の食材が残っていたので
なんとか数日は大丈夫だろうし、不安は感じ
なかった。 もちろん、水道水禁止のニュース
が流れても、浄水器の水道水をグビグビ飲んだ。
そりゃ、赤子を抱えた母親は我先に水を買い占
める気持ちもわからなくもない。
しかし、ミルクにするにも2ℓペット10本を
何日かかって消費するのだろう。
ガソリンも不足し、ガソリンスタンドにも長
蛇の列。そしてその影響で渋滞。
被災地に近い県のある若いママが「保育園の送
り迎えがあるので、ずっと並ぶしかない」とイ
ンタビューに答えていた。 そんな時に保育園
はやってるんだろうか。 そんな時でも預けな
くてはならない家庭環境ってどういうことなん
だろう。 その後ろに並ぶデイ・サービスの
送迎車や人工透析の送迎車は、ガソリンが入る
まで休止せざるをえないという。
日本全体が負けるな日本!と一致団結を目指し
てる。 それは素晴らしい。 近年感じなかっ
た愛国心を感じる。
でも、一生懸命著名人がメディアで応援メッセ
ージを流してるのを見ると、果たして誰のため
にやってるのか、わからなくなる。
義援金を贈ったと公表するのは良いけど、なん
でわざわざ金額も公表するのだろうか。
野球選手は野球をやって勇気を、タレントは笑
わせて勇気を、歌手は歌って勇気を、と言う。
つまり普段通りの生活をすることが勇気に繋が
るということだろうから、俺も俺の仕事をして
勇気を与えたい。
今もなお、余震が続き、震度3くらいでは気づ
かないこともある。 逆に地震じゃないのに自
分が揺れていると感じることがある。
まだまだ心身ともに落ち着かないが、食料・日
用品もほぼ以前通り購入できるし、ガソリンス
タンドも待たずに給油できる。
結局、東京では一部を除き停電もほとんど実施
されていない。 着実に大地震前の生活に戻り
つつある。
東北の復興はまだ遠く長い道のりだろうけども、
良くも悪くもメディアや噂に惑わされず、自分
に出来ることをブレずに実行していきたいと思
う。
絶対にこの経験は貴重なものだったはず、次の
世代に語り継ぐためにも、この震災にingで携わ
っていこうと改めて決意。
被災された方々とそのご家族に対しまして、心
よりお見舞いを申し上げます

(完)

 

「レギオン」☆☆☆
「南の島のフリムン」☆☆☆
「デス・レース 2」☆☆☆
「オカンの嫁入り」☆☆☆
「エクスペンダブルズ」☆☆☆
「ソウ ファイナル」☆☆☆☆
「TEKKEN 鉄拳」☆☆
「フィッシュストーリー」☆☆☆
「タイタンの戦い」☆☆」