2010年01月

プチパニック症

実はずいぶん昔、軽度のパニック症(自称)の
時期があった。
緊張すると体が硬直するのは誰もが持ち合わせ
る症状なのだが、10年くらい前に違和感を感
じて、自覚したのはサイパンでイントラ修行を
している時だった。
緊張のあまりか、実技講習の直前に過呼吸にな
ってしまい、全身がエアゴキブリホイホイに張
り付いたように突っ張って動かなくなってしま
った。 次第に吸っても吸っても呼吸が物足り
ず、だんだんと視野が危うくなってきた。
タイミング良く居合わせたイントラ候補で同期
の医師が、あっさりと処置してくれてすぐに回復。
我ながらノミの心臓だと恥ずかしく思った。
その後、不安を抱えつつも無事にイントラにな
るも、プロダイブに挑もうと思うと、好奇心で
はない心臓のドキドキが高くなり、チキン野郎
丸出しに。
結果からすると、その後安全第一、穏やかダイ
ビングがポリシーになったのだから好転なのだ
が、他のことでもドキドキが起こりえるように
なってしまった。
たとえば、元々高所恐怖症なので観覧車で意識
を失いかけるのは計算できるが、電車すら脂汗
が出て呼吸が苦しくなることもしばしば。
人ごみを、どうにもこうにも苦痛に感じるのだ。
とくに地下鉄では言いようのない不安があり、
駅を出発したら次の駅まで吐きたくなってもど
うにもできないという恐怖感や、過敏性大腸炎
による腹痛の予兆を感じた程度でもすでにMAX
だと感じてしまう。
小さい症状では、映画館でも途中で腹が痛くな
るのでは・・や、車を運転中に渋滞にハマると
このままずっとこの景色を見て夜が明けるので
は・・と、穏やかな日々を送ってる時には想像
もつかない負のオーラに覆われるのである。
重度の方には笑われるかもしれないが、ここに
は書ききれない様々な苦しさと友達だった。
現在は、ノーリスクノーリターン生活の甲斐も
あるのか、とくに症状は感じないが、相変わら
ず「混雑」は恐怖。
ある女友達に「だからと言って終電に乗らずに
オールで遊ぶのは違うのでわ?」と尋問された。
はい、おかげさまで終電の8本前には乗車する
ようになりました。。
ということで、とにかくストレスを満タンにし
ないようにだけ気をつけつつ、ダラダラ働こ~
っと。



*ここは更新までに見た映画とその評価です*

「オーシャンズ」☆☆☆
「雪に願うこと」☆☆☆
「殺人遊園地」☆☆
「サティスファクション」☆☆☆
「ミルク」☆☆☆
「イエティ」☆
「ジェイコブ・ラダ―」☆☆

どうなる!?JALマイレージ

なんだかJALがボロボロのようで、連日イメージ
ダウンニュースを目にする。
ずいぶん前から驚異の低空飛行を続けていたの
に、今頃になって何を騒いでいるのだろう。
で、なぜか税金を使って社員やOBたちを守って
さしあげるお決まりのパターン。
ほんと、国に守ってもらえる会社って羨ましい
な。 
赤字経営の原因をあれやこれや解説する人が
いるが、はっきり言って我々にはどうでも良
いことで、プロ野球のように身売りして安定
企業が引き継げば良いじゃないか、程度。
1年半前にグアムへ行った時にJAL系に搭乗し
たが、サイパン便が廃止になってからめっきり
利用機会が減ってしまった。
そのため、ある時期からマイレージが10000マイ
ル前後を行ったり来たり。
期限で失効しつつ、カード利用のポイントで増
える。 が、飛行機に乗らないものだから爆発
的な増量が叶わず、交換まであとわずかという
歯がゆい状態がずっと続いている。
幸い、マイレージは守られるようだが、果たして
交換に至るかどうか・・・。
今まで、複数の飛行機会社を利用してきたが、俺
はJALが一番気に入っている。
ま、フィリピン航空とユナイテッド航空以外は
不満もなかったけど。
サイパン便がある頃は、当たり前のようにJAL系
を利用していたのだが、ある時、気前の良いパー
サーに出会い、じゃんじゃん飲んでくださいっぽ
いサービスを受け、えらいご機嫌な空の旅を提供
してもらった。 それこそ、ボトルをお土産に持
っていきますかぁ?くらいのノリだ。 もちろん
辞退したが、今でもパーサーの笑顔は覚えている。
そんなことしてるから赤字が膨らんだのだ!と立
腹する人がいるのかもしれないが、リピート率を
考えると安い宣伝費じゃん。 
そうだ、マイレージで機内の食事グレードアップ
とか、搭乗便限定の交換サービスを増やしたら
もう少し使えるのにな。
ある女友達が「ビーフorフィッシュ?を聞かれず
にフィッシュを置かれた」と憤っていた。
ごめんなさい、直前の俺が最後のビーフでした♪
ともかく、今年はなんとか飛行機に乗って海に
行くぞ!と気合い入れつつ、グダグダ働こ~っと。



「今度は愛妻家」☆☆☆☆
「ノウイング」☆☆
「蟹工船 '09」☆☆☆
「レスラー」☆☆☆☆
「ミーアキャット」☆☆☆
「レッドクリフ part? 未来への最終決戦」☆☆☆
「フールズ・ゴールド カリブ海に沈んだ恋の宝石」☆☆

大学ラグビー決勝観戦

正月明け、気合い入れて仕事をしていたつもりが、
現実の世界を受け入れきれなかったのか、あっと
いう間にストレス満タン。
これはマズイと思い、外の空気を吸いに出ること
を決意し、10日に開催された大学ラグビー選手
権の優勝戦を観戦してきた。
十数年前、大東文化大学が強い頃は明治大学ファ
ンと一緒によく観戦に出かけたものだが、いつの
頃からかTV観戦専門になってしまっていた。
今回、帝京大学が出場することもあって、重い腰
を上げてみる気になり、事前にチケットを用意。
当日は快晴で暖かく、屋外観戦にはもってこい。
混雑が嫌いなので警戒したが、相手も初優勝を目
指す東海大学とあって、名前でラグビーを見るフ
ァンが観戦を回避したおかげか空席が目立つ。
某M大学のファンとは違い、まずまず節度のある
応援合戦でもあり、とてもリラックスしたムード
でキックオフを迎えた。
ま~どちらが優勝しても良いのだけれど、やはり
板橋である以上帝京グループに気持ちが傾く。
先制するも追いつかれ、さらに点差を広げられ、
ちょっと重いムードに覆われる。
が、白熱したゲーム展開に防寒のためのアイテム
の日本酒がみるみる空いていく。
後半、難しいキックを決めて逆転に成功。 終了
間際の相手校の怒涛の攻撃では、客席が大盛り上
がり! 試合の基本的終了時間が過ぎての1点差
のため、トライされてもいけない、ペナルティを
取られてもいけない絶対絶命のピンチ・・。 
が、相手選手が痛恨のペナルティを犯し、あと数
歩しかない陣地を守り切った帝京大学の初優勝。
別に帝京大学の関係者ではないが、涙うるうるに
なってしまった。
それくらい近年の中では面白い試合だった。
いわゆるメジャー大学ではないカードだからと侮
っていた人たちは、来シーズンは襟を正して観戦
して欲しいものだ。
帰宅後、録画しておいた試合を改めて晩酌しなが
らTV観戦。 外出した気分転換と、興奮したおか
げの代謝でストレスをふっ飛ばしたのであった。
ある女友達は「ラグビーは何やってるかわからな
い」とそっぽを向いた。
いいのです。 服を着たゴリマッチョたちが抱き
合うスポーツなのです。 それで良いのです。
そんなリフレッシュをしつつ、これからもグダグ
ダ働こ~っと。



「ゲット スマート」☆☆☆
「その男は静かな隣人」☆☆☆
「ラッシュライフ」☆☆☆
「ザ・バンク 堕ちた巨像」☆☆☆
「ゼロの焦点 '61」☆☆☆
「鬼畜」☆☆☆☆
「セキ☆ララ」☆☆
「ラストゲーム 最後の早慶戦」☆☆
「マイケル・ムーアinアホでマヌケな大統領選」☆☆

今年もグダグダいきましょ~!

年も明けて、夏へ向けてまっしぐら!
なワキャねぇだろ~!!
って感じの今日この頃。。
って、いつもなら〆そうになってしまうくらい
なんの目新しさもない新年スタートとなってし
まった。
が、今年は久々に正月3日間全く仕事をせず、
朝からひたすら飲酒した。
大みそかの晩、年忘れにっぽんの歌を見ながら
ビールをガブ飲みし、ボイルさんを見ようと一
瞬だけ紅白へチェンジ。
いきなり木村拓哉氏が英語で話しかけるも、あ
えなく撃沈し、英語を英語で通訳されるという
素晴らしいコントを披露して全国大爆笑。
その後、にっぽんの歌とアンビリーバボーを交
互に見ていよいよカウントダウン。
3・・2・・1・・ドーン!! ハッピーニュ
ーイヤー!! ってテレビの盛り上がりの10
%くらいのテンションで正月を迎えた。
その後、録画しておいた格闘技を再生。 いら
ん前フリや地味な入場シーンを早送りし、試合
だけを観戦したら、およそ1時間49分で見終
えた。 
で、別に夜ふかしする理由もなく消灯。
翌朝、年賀状の整理をしつつ、この年に一度の
文通はいつまで続けるのだろうかと考えた。
友達はメールで十分だし、もう10年以上会う
でもない知人とのやりとりは必要なのだろうか。
正月早々、負の報告があっては困惑するし、そ
の家族の近況もだからどうした的なものが多い。
モヤモヤしつつも、醤油をこぼさないよう、出
し忘れていた年賀状を仕上げ、昼からガンガン
飲酒。
録画していたダウンタウンを見終えたら、もう
すでに外が暗かった。 ので、引き続き晩酌へ
移行。 日付変更線を越えて早々力尽く。
そんな繰り返しのせいか、さすがに3日の夜は
なんとなく具合が悪い気がして、しっかり働い
て体内の毒素を出さねばと意気込んだものの、
そんなに甘くはなく、鈍った体にムチと蝋燭で
気合いを入れて今日に至る。
正月ボケならぬ、正月リバウンドに足踏みする
も、なんとか完全復活へ向けリハビリ中。
31日夜~3日夜までの飲酒・・ビール500
缶24本、日本酒2升、バーボン1本、サワー
350缶4本、ワイン1本。 ご馳走様でした♪
ある女友達が「酒を止めて浮いた金で海外ダイビ
ングに行け」と言われた。  うぐっ・・!!
さ、夏までグダグダ働こ~っと。



*ここは更新までに見た映画とその評価です*
☆☆☆☆☆・・これはすごい!また見たい!
☆☆☆☆・・・時間を忘れ楽しめた!
☆☆☆・・・・ま~それなりに楽しめた。
☆☆・・・・・何か物足りず、記憶に残らないかも。
☆・・・・・・時間の無駄かも。

「ドゥームズデイ」☆☆☆
「影の車」☆☆☆
「砂の器」☆☆☆☆
「アマルフィ 女神の報酬」☆☆☆
「フィースト 2」☆
「ラスト・ブラッド」☆☆
「大奥」☆☆☆
「パコと魔法の絵本」☆☆
「モーテル 2」☆☆☆
「アンフェア the movie」☆☆
「真木栗ノ穴」☆☆☆
「わるいやつら」☆☆☆
「ウォッチャーズ」☆☆☆
「劒岳 点の記」☆☆☆
「ナイトミュージアム 2」☆☆
「ゲバラ!」☆☆☆

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ