2009年11月

ストレスのスパイラル

このところ低空飛行が続いている。
どうにもモヤモヤして気分が晴れない。
とくに何か大きな事件があったわけではないが、
「我慢」することが多いとマグマが噴出しそう
になる。
結果だけ見ると、別に悲観する内容ではなく、
それどころか少しずつ好気配なのに、だ。
一生懸命働く→疲れる→酒を飲む→朝起きるの
が面倒→仕事が遅れる→遊ぶ金と暇がなくなる
→疲れる→眠りが浅い→だるくて仕事が遅れる→
遊ぶ金と暇がなくなる・・・・・と繰り返す。
おまけにダイビングに行けないのに、P○DIへ
イントラの看板代を奉納したりと容赦なく出費
が続く。
さて、どうすればストレス発散できるのか。
大食いしても食欲が満たされるだけだ。 
映画や競艇に行ったとしても、おそらくモラル
に神経質になりイライラしてしまう恐れがある。
友達と飲みに行って大きな声で話をするのが
最短距離の気もするが、寒くなると夜に出歩く
のも躊躇われる。 つまり我がままなのだ。
天気の良い日はバイクでぶらりとしてみるのだ
が、もはや道路はサバイバル。 トラックとい
う名のテポドンがビュンビュン飛び交うは、
歩行者という焼夷弾が突然赤信号から飛び出し
てくる。 都内で気分転換ツーリングは夢の
話なのである。
ということで、おとなしく黙々と仕事をこなす
のだが、やはりモヤモヤモヤ。。
今年は夏らしい夏がなかったため、今頃夏の
終わり症候群になってしまったのか。
ある女友達に「来月グアムに行けば良い」と
アドバイスされた。 ・・・・なぜ???
スパイラルからの脱出を目指す今日この頃。。



*ここは更新までに見た映画とその評価です*

「マックス・ペイン」☆☆☆
「ブッシュ」☆☆☆
「キャンディラッシュ」☆☆
「悲しみが乾くまで」☆☆
「天空の城ラピュタ」☆☆☆

インフルエンザって何?

しかしながら相変わらずインフルエンザの
ブームが続いているようだが、インフルエ
ンザって何?
生まれてから今日まで、一度も感染したこ
とがない。 いや、感染に気付かなかった
だけなのかもしれない。
昨年まで店舗も構え、不特定多数の人々と
接してきたが、なんら対策の必要を感じた
ことはない。
風邪は時々ひいてしまうが、病院に行かず
気合いで治す。
最近はマスクをしている人を多く見かける
が、春は花粉でその他はインフル、結局一
年中付けていそうだ。
一昔前だったら潔癖症かと思われ、扱いに
くいとイメージされたのでわ。
数が足りず、ワクチンを打つのもままなら
ないようだが、そんなに恐怖に慄く必要が
あるのだろうか。
旅に出るなどであれば予防は大事だが、日
常生活の中で2日間寝込むことが恐ろしい
ことなのか。
もちろん、無きにこしたことはないのだが。
俺は細かな手洗いとうがいだけで今シーズ
ンもやり過ごす。
それで大げさチキン野郎たちをあざ笑うつ
もりだが、さてどういう結果が出るか。
人にうつさない努力は必要だが、貰わない
努力に熱狂しすぎていると感じるがいかが
なものか。
ある女友達がよく「バカがうつる」とおっ
しゃる。 でも風邪をひかなくなりますぜ♪
さっそく予防のためニンニク料理を頬張る
今日この頃。。



「おっぱいバレー」☆☆
「きみに微笑む雨」☆☆
「悪魔のいけにえ 3」☆☆☆
「ザ・スピリット」☆☆
「フル・モンティ」☆☆☆
「最後の初恋」☆☆
「カメレオン」☆☆

リアル 逃走中 の結果は・・

先日、長く逃亡していた殺人犯(とみられる)が逮
捕されたが、しかしながらメディアの騒ぎは凄まじ
いものだと驚かされた。
まるで海外のスーパースターが来日したのかと見間
違える。
きっとビートルズが来日した時もこうだったのかと
想像しつつ、パパラッチたちが報じるニュースをハ
シゴした。
現在の顔は知らないが、公開された整形後の顔はま
るで別人で、自分の隣に座っていたとしても気づか
なかっただろう。
それだけに、最後に通報したフェリー会社の社員の
観察力に驚きつつ、常にそういう目で客を見ている
のだろうかとモヤモヤ。
整形後の写真を売った医者も勇気がいることだった
ろう。 なにせ客のプライバシーを提供するのだか
ら、いくらか葛藤があったのではないだろうか。
今回の逮捕に至るまでは、結局のところ警察よりも
メディアの勝利という印象がある。
地道に捜査していたのだろうが、結果的に「通報」
による地曳網によるものだった。
そう考えると、直接の意味はなくとも、犯人の顔を
プリントしたTシャツを着てメディアに話題を提供
した、被害者の父親の執念も通じたのだろう。
それと驚かされたのが、犯人の両親が顔を晒して会
見を行ったことだ。
まさか加工されないと思わなかったのか、ハッキリ
した口調で挑発的な質問にも感情的にならぬよう気
をつけながら話していた。
30歳の息子に対しての親の責任。
何十万もの仕送りで甘やかしたという事実もあるよ
うだが、どこか罪の一部を自分たちが被る理由を探
しているようにも見えた。
これを見た20代30代の人間が、子を産む・育て
る勇気を持つのは、今の世の中のムードじゃ無理な
気がするな。
少子化問題って、こういう部分もあるんだろうな。
いずれにせよ、のりぴーのりぴーって騒いでたこ
とを考えると、正月頃には祭りの後か。
ある女友達が「整形料金が参考になった」と言って
いた。 ・・・えっ!?
ビデオ屋で「こんなエロDVDばかり借りてました」と
証言されないよう、改めて道を外さないことを引き
締める今日この頃。。



「愛のむきだし」☆☆☆☆
「ダウト あるカトリック学校で」☆☆☆
「七夜待」☆☆
「呪怨 ザ・グラッジ3」☆☆
「秘蜜」☆☆
「赤い糸」☆☆☆
「俺たちに明日はないっス」☆☆
「ハイランダー ネクスト」☆☆
「パッセンジャーズ」☆☆

大つけ麺博へGO!

たまには街に出てみようと勇気を振り絞り、
ランチがてら日比谷の「大つけ麺博」に行
ってきた。 
天気は快晴なものの、空気が冷たく、しか
もビル風に煽られブルブル震えるザマだ。
それでもせっかく来たのだからとテンシ
ョン上げて、券売機でチケットを購入。
8店が出店しているが、いったいどこのつ
け麺を喰らえば良いのだろうか。
人の噂や評判は、俺の舌に合うとは限らな
い。 ましてや、俺は並んでラーメンを食
べるのが嫌いなのである。
ということで、行列が多くも少なくもない
「ドリルマン」という店から襲撃。
15分ほどでゲットしたのだが、店主に
「寒い中ありがとうございます」とわざわ
ざ礼をを言われた。
なるほど、ブームに乗って踏ん反り返って
る連中が多いのかと思ったが、客商売の基
本を大事にしている人もいるのだなと感心。
さて、お味のほうは・・。
最初は煮干しがキツく、魚介類嫌いの俺に
は先行き不安。 しかも大盛りにしちまっ
た。。
だが、食べているうちに慣れたのか、太麺
との相性が良く、あっという間に完食。
引き続き券売機でチケットを買い、「ど・
みそ」という店を襲撃。
けっこう並んでいたので人気があるのだろ
うか。
みそベースのつけ麺ということで期待して
大盛りにしたのだが、3口ほどで後悔して
しまった。 
2杯目というハンデもあるのだが、想像以
上に複雑な味わい・・。 しかも辛い!
あげくに、大盛り分のスープ(タレ)が足
りず。
う~ん、残念ながら俺には合わなかった。
さすがに腹八分になり、2件でフィニッシュ。
わずか2杯ではあるが、今回感じたのは、
もはやスープがスープとは言えず、イメー
ジとしてはカレーに麺をつける感覚で、ド
ロリとした食べ物であった。 飲む、では
なく、舐める、といった感じか。
しかしながら、大行列を横目に、まったく
並んでない店もあり気の毒だった。
60分2件で2000円。 ランチとして
はちょっと贅沢だが、60分遊んだと思え
ば2000円も仕方ないか。
ラーメンもブームが続いているが、やはり
俺はシンプルで講釈抜きの方が好きだな。
500円でも笑顔になれるラーメン。 そ
んな流行なら大歓迎なのだけれど。
その後カロリー消費を目指し、散歩がてら
浜松町へ移動し、「大竹まことのゴールデ
ンラジオ」の公開放送を広場で立ち見。
さすがにラジオ、動きがない。 しかも、
観覧スペースの設置方法が下手くそでまと
まりが悪い。 好きな番組だけど、気分悪
くなりそうなのですぐに退散し、いざ帰路
へ。
帰宅後、もう仕事する気力もなかったので、
夕酌開始し、いつの間にか夜が更けていっ
たのであった。
ある女友達に「ギャル曽根が”おいしい”
と言うのと、おすぎが”面白い”と言う
のとでは、どちらが信用できるか?」と
問われた。
どちらでも良いです。
いずれにせよ最後に信じるのは自分自身
だし。
と、ちょっと悟りを開いてみる今日この頃。。



「スラムドッグ$ミリオネア」☆☆☆☆☆
「天使と悪魔」☆☆☆
「ヤング@ハート」☆☆☆
「モスクワ・ゼロ」☆☆



記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ