2009年06月

餃子は好きではない

最近、なにかのテレビで「日本人はみんな餃子が
大好き」というナレーションがあった。
いいえ、わたくしは餃子は好きではありません。
水餃子や餃子ドッグは好きだが、焼き餃子は基本
的に自らの意思で食べることはない。
だから「餃子の王将」に全く興味ないし、宇都宮に
食べに行く気力もない。
当然ながらご飯のおかずにはならないし、それな
らばお好み焼きの方が良い。
そもそも、王将のタイアップドキュメンタリーでも
報じていたように、中国では水餃子を「餃子」と言
い、貧困部の人々が傷んできた餃子を焼いて食
べるのだそうだ。
カリカリが良いと言われるが、俺はそのカリカリが
嫌いで、ラーメンにおまけで付いてきた時などは
レンゲのスープに浸して柔らかくして食べる。
以前、カレーライスが好きではないと書いた時も
そうなのだが、勝手にその食べ物が嫌いな人は
いないなどと言わないでもらいたいものだ。

居酒屋などでもたまに餃子を見かける。
ま~ビールのお供に合わないこともないのはわ
かる。
しかし、最近は餃子の移動販売まであるから驚か
される。 果たしてこの餃子人気が何年も続くのか、
それとも「みんなが飽きたら自分も飽きる」のか。

そういえば、ビールといえばスタジアムでの野球
観戦の必須アイテムだが、ある日の千葉マリン
での出来事。
トイレついでに売店でビールを買い、席に戻った。
すると、驚いたことに一度も口をつけていないの
に半分近くまで消えているではないか!!
神の仕業かハンドパワーなのか。 ま~なんてこ
とはない、泡がすべて消えただけのことである。
しかしながらその時のショックは大きく、以後ビー
ルは売り子から買うようにしている。 ちなみに、
千葉マリンのオナゴはワリと泡の入れすぎに注意
してくれるので正味が多い気がする。
それでも、グアムのレストランは泡無しでこぼれる
寸前まで注いでくれるし、日本のビールの飲み方
も、購入者の好きな加減にしてほしいと願う。
ある女友達が「ビールが一番高い酒だ」と言って
いた。 師匠、缶チューハイを2日にわけて飲む
のはやめてください。
さぁ、ビールがうまい季節の今日この頃。。


「グーグーだって猫である」☆☆☆
「銀色のシーズン」☆☆
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」☆☆☆
「フレフレ少女」☆☆
「ダージリン急行」☆☆

無念!プロレスラーの死去

いまだに信じられないプロレスラー・三沢の殉職。
超一流選手がリングの上で死ぬとは、どこの誰も
想像していなかっただけに衝撃は大きい。
俺は武藤派なのでとくにファンというほどではなか
ったが、夢の対決が夢になってしまったことが悔し
くて涙が出た。
思えば三沢選手を初めて見たのは小学生の時、近
所の空き地に馬場さん率いる全日本プロレスが興
行に来たのを、ひとりで観戦した時まで遡る。
まだ前座で越中選手と切磋琢磨していて、やけに
ドロップキックのうまい選手だなと感じたものだ。
その後、三沢選手が「ノア」を立ち上げ、崩壊寸前
の「全日本」の社長に武藤氏が就任するのだから
奇妙な縁だった。
近況、あまりプロレスを見ることは少なくなったが、
最後に観戦に行ったのはノアの武道館大会だった。
リングはトランポリンのように弾み、ずいぶんと安全
に配慮するようになったと感心していたが、それで
も蓄積したダメージには致命傷になることがわかっ
た。 もはやプロレスは娯楽を超えている。 かとい
ってガチンコではプロレスにならない。
今後は何をもってプロレスとするのか難しい問題
を抱えたことになる。
16文キックで勝利するプロレスが懐かしい。
どんなに劣勢でも20時47分に必ず勝つ猪木。
華麗なアクロバットで驚かせたタイガーマスク。
ブッチャーやジェットシンの反則攻撃。
ファンクスとハンセン・ブロディの抗争。 
逆輸入のスターヒール、ムタ。
リングの中うんぬんより、レスラーそのものがプロ
レスだったよな~。
もはや待ったなし!で業界が動くのは間違いない。
規則で危険を抑え込むのも大事だが、大技がなくて
も人気が高くなる将来設計が必要なのでわ。
ある女友達が「昔は畳の上で死にたいと言われて
いたが、最近は病院で死ねる方が恵まれている」
と言っていた。 では、俺は女の上で・・・。
最後に脱線してしまう今日この頃。。



「ターミネーター 4」☆☆☆
「フェイクシティ」☆☆☆
「私は貝になりたい」☆☆☆
「休暇」☆☆☆
「卍 まんじ」☆☆
「クラ―ケンフィールド HAKISHIN」☆☆
「ラスト・ホリデイ」☆☆☆
「今日も僕は殺される」☆☆
「ワイルド・ブロウ」☆☆

免許証の更新

3年ぶりに運転免許証を更新するべく江東試験場
へゴー!
そう、4年前に違反をして、ぎりぎりゴールドに届か
ず、あえなく試験場での更新なのであった。
平日昼間とはいえ、あまりに人が少なく驚いた。
3年前も平日だったが、もう少し混雑していた気が
するのだが、まさにガラガラの状態。
玄関を通過して受付→視力検査→写真→を終え、
講習会場の席につくまで15分ほどであった。
さぁ、これより地獄の2時間の始まりだ。 と覚悟
していたが、ビデオ上映もすんなり頭に入ってい
き、まじめに前半の部が終了した。
若い頃、この2時間が5~6時間にも感じ、もがき
苦しんだことが信じられない。
休憩も15分あり、しっかりコーヒーで睡魔を退治
することができた。
そして後半もすんなりと時間が過ぎ、無事に講習
終了! 
中途半端な気持ちだと長く感じるが、話を聞いて
いなくても教本を読むなど集中していると時間が
早く経過することを学んだ。
そのまま免許証を受領し、顔写真のデキにまず
まず納得して試験場を後にしたのであった。
ちなみに、免許証にICチップが埋め込まれ、いく
らか厚みが出た。 機械ですぐに本人情報が出
るようなので、落とさないよう気をつけねば。
まっすぐ帰るのも勿体無いので、近くの江戸川競
艇へ足を運んだ。
河川工事で休業明け初シリーズとあってまずまず
の賑わい。 水面と客席との距離が近くなった気が
してワクワク気分♪
で、結果は・・・・。 見事的中! でも赤字。。。
行きつけの戸田とは勝手が違い、うまい買い方が
わからず残念な結果に。 でも、久しぶりに電車
での散策で、気分良く帰宅することができた。
ある女友達が「恋愛の免許はゴールド」と自慢して
いた。 それって、ペーパーということなのでわ・・・・。
そういえば、3年前に更新した頃に彼女とお別れし
て、いない歴も更新しちまったな~としみじみする
今日この頃。。


*ここは更新までに見た映画とその評価です*

「蛇にピアス」☆☆☆
「ザ・セル 2」☆☆
「西の魔女が死んだ」☆☆☆
「HOME 空から見た地球」☆☆
「セックス・アンド・ザ・シティ」☆☆

なぜ母子家庭だけ!?

選挙が近付くとおいしい政策を目にすることが多くなる。
バラマキだのなんだの、予算の争奪戦になるのだが、
どうにも気になることが一つある。
シングルマザー、つまり母子家庭への支援だ。 女手
一つで子供を育てていくことは大変な労力が必要だし、
仕事にも限りがあるのだから、経済援助を行うのは納
得できる。 それがたとえ俺の忌み嫌う”できちゃったか
ら結婚”のあげくの離婚であってもだ。
ここで感じる疑問は、ではなぜ母子家庭だけなのか?
ということ。
共稼ぎでもリストラの影響で収入がない家庭もある
だろうが、とりあえずそれらのケースは置いといて、同
じようにシングルファーザー、つまり父子家庭はどうな
のだろうかということ。
今の世の中、男だからといって満足な仕事にありつけ
るかどうかはわからない。 派遣切りで路頭に迷う人
も多いのだし、ましてや母となり父となって家事をこな
すのだから、仕事も限られてしまう。 残業や週末出勤
も難しいし、母子家庭となんら変わりないのである。
が、しかし、最初から父子家庭には援助はないのである。
一部減税や、医療費の負担減などはあるが、母子と父
子とでは「のぞみ」と「こだま」くらい差があるのだ。
まず、どちらも窓口は設けて、母子だろうと父子だろう
と所得や家庭環境で認定するべきなのでは。
金持ちのシングルマザーもいれば貧乏のシングルファー
ザーもいるのだから、男女の隔たりを取ってはいかが
だろうか?女性議員さんたちよ。
金で少子化を改善させようと努力する前に、子育てに
責任を持つ親の教育が先だと思うし、いつまで卵が先
かニワトリが先かを繰り返すのだろうか。
ある女友達が「独身手当をくれ」と言っていた。 やらん。
20代では考えもしなかったことが、なぜか頭をよぎる今
日この頃。。



「252 生存者あり」☆☆
「ダイアリー オブ・ザ デッド」☆☆
「カンバセ―ション 盗聴」☆☆
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ