2009年03月

喉の痛みに苦しむダイバー

久しぶりにダイビングの話。
慢性鼻炎アレルギーもあり、耳が抜けないのは
もう慣れっこなのだが、それともう一つ悩みのタ
ネが喉の痛み。
あれだけ圧縮されたエアを吸うだけに、相当喉
が乾燥するわけで、加湿器愛好家の俺にとって
は厳しい現実。
潜行してから20分ほどで喉の渇きを覚え、30
分ほどすると魚の骨が刺さったような、ピンポイ
ントで痛みが襲ってくる。 吸えば痛い、でも吸
わなきゃ死んでしまう。 そんな葛藤で最後まで
集中して海の散歩を楽しめないことが多い。
事前に飴玉を舐めたり、水分を摂るなど予防は
してるが中々うまくいかない。
よく芸能人が海中をレポートする時に使う、フル
マスクタイプでも使うかとヤケを起こすも、どう
にか手段を模索している。
サイパンに行けば、通常で1日4本潜るわけで、
アフターダイブのビールが喉にしみる。
使い捨てコンタクトを使い、鼻・耳は抜けず、喉
は痛いという顔面総崩れ。 でも、やめられない。
見た目フツーでも、実は苦労の絶えないイントラ
なのであった、ハッハッハ!
そんなこともあってか、このところ海へ行くのが
激減している。
今年は原点回帰で伊豆を攻めたいと思っている
がどうなることか。
ある女友達に「行けばわかるさ!」と言われた。
それは猪木です、師匠!
とにかく、夏に向け海資金を練る今日この頃。。



「ヤッターマン」☆☆☆☆☆
「屋敷女」☆☆☆
「12人の怒れる男」☆☆
「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」☆☆

どうしてもレジ待ちが苦手

とにかく待たされる行為が嫌いなので、買い物
は覚悟が必要。 しかも、それが庶民派スーパ
ーなら尚の事だ。
何度もここに登場しているが、店員だけに限らず、
客側にもベテラン主婦が多く、たいてい夕方時は
レジが滞る。
一つ一つ丁寧すぎるほどバーコードを近づける
ベテラン主婦店員、特売品の値段がわからず
ヘルプを要請するおばさん店員、金券の扱いに
アタフタするババァ店員・・・。 わかってる、彼女
たちは自分なりに一生懸命やっているのだ。
では、客側に目を向けよう。 
世間話を店員に吹っかけるベテラン主婦、その
後合計金額が提示されてから徐に財布を出す
おばさん、清算後動くと見せかけて今さらポイン
トカードを出すババァ・・・。
うおぉぉーー!! てめぇの5分と俺の5分とじゃ
時間の単価が違うんだよ!!
と器の小ささを見せつつ、もちろんグッとガマン。
今日はそんなイライラを解消しようと、おやつを
買うつもりで併設されているマックへGO!
するとなんと、レジにベテラン主婦が5人も並ん
でるではないか!!
ナゲットが100円セールのため、それをおかず
にするつもりで買うようだ。
あまりの恐ろしい光景に、もはやスルーするし
か方策が思いつかず、帰ってからお茶だけの
おやつタイムを過ごしたのであった。
ラーメン屋にせよ、特売にせよ、そこまでして金
を消費したくないので俺なりの不景気促進は続く。
ある女友達が「ゆとりを持たないと、自分の首を
絞めることになる」と言っていた。 消費者金融か!
心穏やかな日々のはずなのに、やはりどこかで
ストレスを蓄積している今日この頃。。


「アキレスと亀」☆☆☆☆
「デトロイト・メタル・シティ」☆☆☆
「闇の子供たち」☆☆☆
「ファウンテン 永遠につづく愛」☆☆
「エクスクロス 魔境伝説」☆☆☆
「トーマス・クラウン・アフェアー」☆☆
「黒い家 韓国版」☆☆☆☆
「燃えつきるまで」☆☆☆

競艇は競馬を超えられるか!?

今年もいよいよSG競走が始まる競艇。
和田アキ子効果も手伝ってか、昨年は売上横ばいも
利用者数が大幅にUPした。 カリスマ会長の蔭山氏
も引退とのことで、ここらで次世代へ大幅にステップ
アップしたいところ。
ディープインパクトの八百長事件以来、急降下し続け
るJRAを追い越すことすら不可能ではないと思うのだ
が、なかなかうまいこといかないから歯がゆいばかり。
フジテレビやTBSで、SGや全国発売のG1前に深夜枠
だが特番を放映するようになった。
日曜3時の枠、八百長競馬放映と入れ替える様子見
とも受け取れる。
ただ、現実的には3時台に優勝戦を組むのも難しい
し、毎週ビッグなレースを提供するのは相当な労力
が必要になってくる。
しかしながら競艇を知らないから競艇を見ないだけ
で、一度リアル観戦してしまえば必ずと言って良い
ほど競艇を見るようになるのだから、当然それなりの
視聴率も安定して稼げるはずだ。
フジの3時枠が無理なら、他局の4時枠でもいい。
これからデジタルへ移行し、ソフトが必要になるのだ
し、今のうちに手を上げておいたほうが得策だと思う
のだが。 ただし、現在の競艇中継は地味すぎるし
ギャンブル要素が強すぎるので、格闘技中継のよう
な演出も必要。
ケイリンも五輪競技になるほどのレースなのに売上
が激減している。 年末のGPだけテレビで観戦する
が、やはり最後の一瞬勝負しか素人にはわかりづら
い気がする。 ようやくラインだの仕掛けだのがわか
るようになってきたが、そのあたりの複雑さが若い世
代には面倒なのかもしれない。
やはり、よーい、どん!で我先にゴールを目指すレ
ースがわかりやすくて面白い。
オートレースもSMAPの森くんがようやくトップに上り
詰め売上が増えてきた。
今後は馬とか舟とかが問題ではなく、イカサマ抜き
に命がけで一生懸命勝負する競技が勝ちぬくのだ
と確信している。
昔は巨人戦だけだったから巨人ファンが多かった
理屈同様、もはや八百長競馬中継だけが選択の
時代ではないので、各団体とも勝負どころであろう。
ある女友達が「ギャンブルで蔵は建たない」と言って
いた。 わかっております、師匠。
しかしながら、株が下がってアタフタしてるヤツのが
よほどギャンブラーじゃないかと横目でチラ見する
今日この頃。。


「茶々 天涯の貴妃」☆☆☆
「スターシップトゥルーパーズ3」☆☆☆
「イースタン・プロミス」☆☆

ラブホとは!?

あいにく最近行く機会に恵まれないが、不景気
に関係なく強いのがラブホのようだ。
元バンドのメンバーが、ある繁華街のラブホで
サブマネージャーをやっているのだが、平日も
豪雨も関係なく忙しくて仮眠も取れない日が多
いと嘆いている。
企業努力の成果もあるのだろうが、本当に儲か
るものなのか。
そもそも、外観は明らかにエロ行為をする場所
を連想させるのに、届出はビジネスホテルだっ
たりするのだから集計するのは難しいのかも。
仕事のため122号線を車で移動すると、しっか
りと建築されたキレイなラブホが拝める。
ピンク色の看板はもはや死滅し、一見リゾート
ホテルのような佇まいだ。
フツーのホテルとラブホの違いって何だろう。
まず、窓がない。 ベッドの枕元にサービス品
が置いてある。 無料でペイチャンネルが見れ
る。 なぜか有線放送。 寝間着がちゃちい。
でも、なぜか胸がソワソワする。
元バンドメンバーのホテルは休憩3時間で8000
円、宿泊は13000円くらいからとのことで、その
へんのシティホテルと変わりない。
のに、つねに満室。 素晴らしい。
サービス券をくれと頼んだが、ないと断られた。
自分で確認しなくちゃ納得いかないが、なにぶ
ん相手がいないし、他のメンバーと男同士では
どうかと尋ねたが、やはりダメとのこと。
そうか、そういうことか。 ラブホとは勝利者の
み立ち入ることができる神聖なる場所なのだ。
俺のようにエロDVDを見てふて腐れているヤツ
には敷居が高いのだ。
ある女友達に「だったらホテルでデリヘルを呼
べばいいじゃん」と提案された。 いや、それは
そうなのだが・・う~む・・むむむ・・・。
寒い夜だけど、電気毛布で即オチする今日こ
の頃。。


*ここは更新までに見た映画とその評価です*

「イーグル・アイ」☆☆☆
「ウォンテッド」☆☆
「インクレディブル・ハルク」☆☆☆
「40cmの童貞男」☆☆
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ