2007年06月

戸田グラチャン

やってきました、競艇ファンのお祭り、SG開催!
今日、奇跡の早起きをして、開会式に行ってきた。
普段の雰囲気とは異なり、BIGレース仕様の場内
にワクワク。
今回のSGは、ダイビングでいうならモルディブ・
パラオ・沖縄・サイパンなど、人気ポイントが本当
の1番を決める対決みたいな大会。
顔を見れば名前がすぐわかる選手たちばかりで、
コアなファンでなくても楽しめる。
ましてや戸田は来年度のビッグレース開催がない。
これを逃すワケにはいかないのである。
そして第1レース、19.8倍を見事的中!
そのまま大急ぎで意気揚々と出勤♪
先日不幸な事故があったレースを走っていた戸田
のエースも、まずまずの滑り出しでホッと一安心。
日曜日まで労働中も心ここにあらず状態になるこ
と必須で、無理に逆らわずネット観戦しながらマイ
ペース仕事宣言。

競艇というと相変わらずイメージが悪いかもしれな
いが、例えば今日の表彰式の観客1000人のうち、
200人はギャル、300人は若い兄ちゃん、残り半分
がオヤジ&オババの割合。
選手の投げる粗品を鬼の形相で追いかけまわる
輩もいるが、いわゆるフツーの人たちの集まりだ。
戸田ではほとんどが禁煙エリアになり、痰・ゴミも
WINSよりも少ない。
マナー・モラルがわからないおっさんも多いが、安
心してデートでも使えると思う。
まだ未経験の人はぜひ、水面を水しぶきをあげて
争う姿を、1度は生で観戦してみて欲しいな。
と、勝手に競艇広報マンのようなコメント。
ある女友達に「人生まで転覆しないように」と言わ
れた。 わかってる。 だいいち、転覆するほど賭
ける金がない・・。
明日も、小銭をポケットに詰め込み参戦を目論む
今日この頃。。


「ホステル」☆☆☆
「アダム 神の使い悪魔の子」☆☆
「ギミー・ヘブン」☆☆

マクドナルド

仕事場近くのマックによく買出しに行く。
そして毎度毎度ため息をつかされる。
平日の昼時だからなのか、ベテラン主婦らしき
クルーが仕切っている。
サッカーで言うなら、MFとFWをベテラン主婦が
担っているのだ。 一生懸命やってるのはわか
る。 頑張って欲しいとも思ってる。 でも、どう
しようもなく要領が悪いのだ。
あちこちのマックに入る機会があるが、ここほ
ど機能していない店はない。
まず入店するなり、どこに並べか良いかわか
らない、指示もない。 注文は必ず聞き漏らす。
必ずストックのない商品がある。 
ここまで言うのにはワケがある。 いや、文句
を言えることが許される。
高校生の時、マックでバイトをしていたのだ。
その頃のマックは、ほんとにマニュアルにうる
さかったし、ウエイトやダストに細かく注意され
るほど徹底されていた。 そして、いつのまに
かバイトのランクの頂上に登りつめただけに、
この低落振りが悔しいような歯がゆいような。
経営が不調なのを客単価や商品の仕入れなど、
専門的な見方をしているようだけど、もっと単純
でもっと基本的な原因だと思うな。
俺だって、この店の隣にバーガーキングが出来
たら、わざわざイライラする店になんて来ないも
の。 大事な昼の時間、平均7分も待たされるな
んて、モスでもありえない。

しかしながら、たまに可愛い女の子がレジを担当
していることもある。 つい見栄を張って要らない
サイドメニューを注文してしまったり、なぜかこち
らが緊張してしまったり。
少々遅くなったところで、笑顔で商品を手渡され
ると怒る気にもならない。 単純なものだ。
だから、最近は入口で店員を確認し、ベテラン
主婦の時に客が待ってたらスルーし、若い店員の
時なら数人客がいても突入するようにしている。
人種差別ではなく、貴重な時間の正しい使い方だ。
ある女友達が「待つのは出会いだけで充分」と言
っていた。 はい、胸に刻みます。
ということで、なんだかんだ言いながらマックのハ
ンバーガーを頬張る今日この頃。。


「守護神」☆☆☆
「最終絶叫計画4」☆☆☆
「風のファイター」☆☆
「サイレンサー」☆☆
「トンマッコルへようこそ」☆☆☆☆


東京ドーム温泉

珍しく、日曜日にフリーになったため、ラクーアに
行ってきた。 
休日ということで警戒していたが、思ったほどでも
なく、リラクセーションルームのマイチェアもゲット。
今回で3回目だが、初めて一人で行ったので、自分
のペースで風呂に入り、サウナで汗をかき、ビール
を飲んではうたた寝をして過ごした。
風呂自体は近所のスーパー銭湯程度だし、休憩所
も大江戸よりも賑やか。 若者グループが場所代で
高いだけだと嘆いていたが、確かのその通りかもし
れない。 たまたま入場券を持っていたから気にな
らなかったが、お金を払ってリピートするのは躊躇
われる。
そんな中、一つの発見があった。
浴室内のボディソープが、昔つき合った彼女の香り
がした。 
男湯だけにトニックやゴツゴツした匂いをイメージし
てしまうが、実に甘く優しい香りだった。
当時は、香水か84関係かと思っていたが、そうでは
なく会う前にシャワーを浴びて体をピカピカに磨いて
いたということだ。 
それに気づいた途端、なんだかモヤモヤとムズムズ
と何とも言えない気持ちに包まれた。
その日は帰宅しても風呂に入る必要はなく、体につ
いた香りは翌日仕事で汗だらになるまで漂った。
なんとくだらないことかと思われるかもしれないが、
B型の男とはそういうものなのだ。 
元カノうんぬんは別として、そのボディソープは気に
入ったので欲しいのだが、商品名がわからずどうし
たものか。 電話して問い合わせようかとも思ったが、
なんだかちょっと恥ずかしい。
誰か教えて!

そんなこんなで、6月最後の休みを過ごしたのだが、
ある女友達が「休みの度に出かけてるんだね~」と
感心していた。 ん!? うーむ。。 むむむ・・。
っていうか、休みに家で何をするのだ!?
掃除・洗濯など1時間もあれば終わってしまうし、TV
はつまらない、DVDは晩酌しながら、読書は風呂に
入りながらしているし。
よく「まったり」とか「ゴロゴロ」とか言うが、なんだか
自宅で入院しているようで窮屈だ。
まったりゴロゴロするなら、海辺や温泉や景色の良
い場所でなくてはリフレッシュできない。
これからの夏、エアコンのない我が部屋では、逆に
出かけざるを得ないのも事実だが。
そう言いながら、7月の出勤表をどう埋めていこうか
悩む今日この頃。。


「太陽」☆☆☆
「奇談」☆
「夜のピクニック」☆☆
「ザ・コマンダー」☆☆

地球温暖化賛成!?

前回の予告通り、今回も引き続きシャウト。
最近、やたらと地球温暖化というテーマを見聞き
する。 きっとそれだけピンチを迎えているのだろう。
しかし、どうしても実感がわかないのが正直なところ。
資源を大切にする、省エネをする、できることをする
のは構わないが、もう少し身近な恐怖でテーマを投げ
かけてくれた方が真剣になれるかも。
温暖化により南極の氷が溶けて小さな島が消滅と言っ
ても、ムー大陸がそうだったように、ある意味運命とも
思えるし、生態系が変わると言っても、そうやってマン
モスが滅び、しかしながらまた新たな種類の命が誕生
したのではなかったのか。
もちろん、本当に影響が出てる直面にいる人からすれ
ば、なんとけしからんことを言うのかと怒られるだろう。
海を愛するのであれば、沖縄の珊瑚の死滅を嘆くもの
である。 確かにその通り。 でも、珊瑚が無くてもキレ
イな海はキレイ。 共倒れする魚も多いかもしれないが、
新たな魚が生まれるのではないかという気もする。
ほんとに温暖化って、悪いことばかりしかないのだろうか。
冒頭通り、あえて温度を上げる気もなければ、できる予
防はするつもりだが、それだけが環境を変化させてると
過剰に反応するのもついていけないな。
だって、この間までゴルフ場を開発していたヤツが、そ
この会員権を持ってるヤツが「エコ」とかほざいてもね。。
だから、もはや温暖化が進むことはある程度覚悟して、
それとどう上手くつき合って地球を経営していくかを考え
るのも必要なのでは。 日本は温暖化を心配するより、
少子化で人類が滅びる心配をした方がいいと思う。
サイパンがこれ以上温暖化しても仕方ないが、日本の
温暖化はちょっとだけ賛成かも。
伊豆でマンタが見れるようになるかもしれない。 本土
もリゾート化し、他国からの観光客で国が潤うかもしれ
ない。 スキー場屋さんは優先して海の家を支給して
シフトチェンジ促進。 島国らしく生きましょう♪
と、まったく現実を見ずに前向きなのである。
ある女友達が「ほんとにデキた人間性の国は、バカみ
たいに騒がなくても当たり前のように地球を大事にして
いる」と言っていた。 毎日、政治や企業がガンガン訴え
ているということは、日本人はその程度だということか。
押し付けられるのではなく、それぞれの中に、それぞれ
の地球の守り方を持ってくれたらいいなと、お前誰やね
ん!的考えの今日この頃。。


「大日本人」☆☆
「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」☆☆☆☆☆
「プラダを着た悪魔」☆☆☆
「サッド・ムービー」☆☆
「UDON」☆☆
「巨大蛇対決! ボアVSパイソン」☆☆

タレント議員候補

ようやくサイパン休みの余波から解放され、いくらか
ゆっくりパソコンをいじれるようになった。
とくに書くこともないのだが、最近ニュースを見てい
て、夏の参議院選挙の話題が増えてきたことで、ふ
と気づいたことがある。
政治や宗教はそれぞれに価値観があるのだから、特
にあれこれ言う気はない。 そういうディープなことで
はなく、ワイドショー的な意味で感じたことを記してお
こうと思っただけである。
それは、いわゆる「タレント議員」候補と呼ばれる方々
の立候補についてである。
いろんな分野の名の知られた人が、得意のジャンル
を訴えて立候補する。 なかには「えっ!?こんな人
が!?」という人がいるのも事実。 しかしながら、宮
崎のように、思ったより頑張ってくれる人がいるのも事
実。 そして、何が言いたいかというと、著名人を擁立
する政党に批判的なコメントをする人たちの存在だ。
政治のプロではなく、票集めの出馬だと怒っているが、
それは筋違いではないか? だって、投票するのは国
民じゃん。 その素人でいいと投票するんだから、怒る
相手は国民ではないだろうか。
小泉政権で証明された通り、国民は実情うんぬんより、
楽しい政治が見たいのだ。 だから世襲議員より、テレ
ビでよく見る顔に期待してしまうのだ。
それが良いのか悪いのかはわからないけど、無党派
の自分としては顔で判断せず、言ってること勝負で投
票するつもりだ。

選挙といえば、投票日が近づくとあまりよく知らない人
から候補の支援をお願いされたり、電話をかけてくる。
「友達」っていつの友達だ!? 「同志」って誰だ!?
当然ながら、選挙カーでガンガン喚いているやつには
投票しない。 ポスターの笑顔が嘘くさいのも拒絶。
なんか最近、削除法で投票してる気がする。
このところ年金問題で騒いでいるが、元々定年のない
自分にとってはあまり関心がない。 きっと死ぬまで働
いて、年金に守ってもらう生活なんて縁のない話だろう。
父親が62歳で他界したのも影響しているかもしれない。
遺伝があれば、俺も年金受給前に逝くかもしれない。
まず年寄りのために支払って、自分たちの年金を未来
の子供たちが支払うという仕組みが好きになれない。
しかも、使えない公務員ご一行様の給与も面倒見てや
らねばいけない。
未来の子供たちのために支払い、その子供たちがまた
次の子供たちのために支払う方法が筋だ。
なんだかそんなことを考え始めると、この年齢で早くも
疲れを感じてしまう。
ある女友達に「似合わないことを言うな」と言われた。
そうそう、いつもパ~っと能天気に♪って、おい!
たまには社会に楯突くロックンローラーなのである。
次回のシャウトは「地球温暖化」と予告し、また日常に
戻っていく今日この頃。。


*ここは更新までに見た映画とその評価です*
「カオス」☆
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ